香水の付け方|NGシーンや学校・デートでの使い方も紹介!

香水を付ける場所は5つから選ぶ

香水は温度が高いと揮発が起こり香りが発しやすくなるという特徴があります。そのため香水を付ける場所は肌に直接

パルスポイントという体温が高い場所に付けます。

場所主張特長
首筋アピールしたい時におすすめ
手首香りの主張を調節したい時に活躍
アピールしたい時におすすめ
バランス良く香り、ベースで付けれる
足首強めの香りの時に活躍。

上記5点が香水を付ける場所です。この中からシーン・種類ごとに変えていくことがポイントとなります。

NGな場所は2つ

場所理由
ワキ汗の臭いと混ざり不快な香りになるため
足の裏足や靴の臭いと混ざり不快な香りになるため

これらの場所は臭いが溜まりやすく、香水と混ざると不快な臭いに変わる可能性があるのでおすすめしません。

20cm離して付けるのがおすすめ

ミストを纏うイメージで付けるとふんわりと香ります。小さく前なえした腕と体の中心くらいの距離を参考にしてみて下さい!

パブリック編(・仕事など)

場所回数
首筋
手首1回※弱いと感じた場合
1回※左右に一回ずつ
足首1回

「香り強くないかな、大丈夫?」と客観的な意見を周りの人に聞いてみて調節すると失敗する確率が下がります。

香水の種類

シトラス
フルーティー
フローラル
ムスク
種類特長
シトラスレモンなど爽やかな柑橘系の香り
フルーティー果物の甘いサッパリとした香り
フローラル華やかな花などの香り
ムスク洗い立てのタオルや石鹸のような香りが多い

上記が4つが爽やか、お風呂あがりなどの香りが多い種類となります。集団行動となるので周りのことを考え日本人が好む香りがおすすめです。

プライベート編(デートなど)

場所回数
首筋1回
手首1回※弱いと感じた場合
1回※左右に一回ずつ
足首

香水の種類

グリーン
ウッディ
フゼア
マリン
グルマン
オリエンタル
種類特長
グリーン草原や葉を思わせる緑の香り
ウッディ樹木を思わせる落ち着いた香り
フゼア男性的なカッコイイ香り
マリン海や潮風を思わせる香り
オリエンタル温かみのあるエキゾチックな香り
グルマンお菓子を思わせるような甘い香り

デートやプライベートに関してはお好みで問題ないので、自分の価値観を軸に選ぶと良いでしょう。

NGシーン

和食
病院
葬式

  • 和食
  • 病院
  • 葬式
  • コメント: 0

関連記事

  1. 【相手を知る】日本人が好きな香りについて解説します。

  2. 【デート編】上手な香水の付け方とおすすめの種類

  3. 香水の保管方法

  4. 香水の種類|”長持ち”させるために必要な知識

  5. 香りが記憶・感情に繋がる仕組みについて

  6. 汗臭いとはもう言わせない!生乾き臭の対処・予防方法9選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。