香水の付け方|つける場所を完全解説

香水ってどこにつければいいのだろうか…?そんな悩みを解決する記事となっています!前提として香水をつける場所は基本的に自由なのですが、基準がないと不安になってしまうと思います。シーンごとにおすすめの付け方を紹介していきますので、迷っている方は参考になれば嬉しいです!

香水をつける場所

基本的につける場所は首筋手首太もも足首の6点になります。上半身は相手に伝わりやすく下半身はさりげなく香るという特徴があります。この中から目的に合わせて組み合わせていきます。次にシーンごとにおすすめの組み合わせを紹介します。

01 学校|高校生向け

腰の左右に1回ずつ付けましょう。物足りないな…..。と思ったら、そこから手首に1回つけて様子を見てみてください。教室での時間が多いため学校でつける時には周囲のことも考えながらつける事が出来ると素敵です。また不安な方は太もも、足首のみにつけてみてください。

02 学校|大学生向け

腰の左右に1回ずつ手首に1回付けましょう。物足りないな…..。と思ったら、そこから首筋に1回つけて様子を見てみてください。こちらも教室での時間が多いため学校でつける時には周囲のことも考えながらつける事が出来ると素敵です。また不安な方は太もも、足首のみにつけてみてください。

03 仕事|社会人向け

腰の左右に1回ずつ手首に1回付けましょう。物足りないな…..。と思ったら、そこから首筋に1回つけて様子を見てみてください。仕事の時は身だしなみを整えるという事に重点を置きつけると素敵です。また不安な方は太もも、足首のみにつけてみてください。

04 デート|恋愛向け

腰の左右に1回ずつ手首に1回首筋に1回付けましょう。物足りないな…..。と思ったら、そこから胸に1回つけて様子を見てみてください。相手や環境に合わせてつける量を調節してみましょう。相手を思いやる気持ちが伝われば好感度もUP!

04 自宅|プライベート向け

基本的にはどこにつけても問題ありませんが、もし寝る前につける場合は手首だけにつけるとより楽しめるでしょう。

避けた方がいい場所

避ける場所はワキ足の裏2つになります。汗が多く汗のにおいをごまかすために、においが気になる場所につけるのは避けましょう。ワキ、足の裏などにつけて、汗と混ざるとパンチの効いたにおいになり、せっかくの香りが台無しになってしまいます。香水をつける時にワキと足の裏は避けましょう。

まとめ

基本的に香水をつける場所は自由ですが基準があれば、少しはハードルが下がり挑戦しやすいと思います。今回は失敗しずらい付け方を提案させていただきました。ここから自分ならではの付け方を見つけて楽しんでいただけると嬉しいです。

最後まで見ていただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。