【香水の付け方】上手に香らせる方法

香水つける時ってどんな風につければいいの?こんな疑問に対して簡潔に説明します。この記事を読むことで、香水の基本的な付け方を知ることができます。

香水を付ける前の準備

ここができてないといくらいい香水と出会えても力が発揮できないといっても過言ではないほど重要なポイントなので理解しよう!

体を清潔にする

まずは体を清潔な状態にしておくことが重要だ。シャワーを浴びた後に付けるのが王道なやり方。部活後などめっちゃ汗かいた後に付けると臭いなぁと思われてしまうこともあるので清潔なベースを作ろう!

衣服を清潔にする

次に衣服が大事。生乾き臭がする服に香水を加えたら、えらいこっちゃ。臭いが気になる方にチェックして欲しい項目だ。汗臭いと思われてる人によくあるのが生乾き臭である可能性が高いためここを解決して次に進ももう。

香水の付け方① 香水を付ける場所

香水を付ける場所はパルスポイントという血管が通っている部位につけることがベストと言われている。香水の主な成分はアルコールで、血管を通じて温度が高くなれば揮発しやすくなり、香やすくなるという仕組みだ!香りが相手に上手く伝わるにはポイントが2つある。温度が高い場所、よく動かす場所この2つを覚えておこう!

ポイント:温度が高い場所よく動かす場所

首筋

うなじや耳の後ろあたりには太い血管があるためおすすめのポイント。ただし相手に伝わりやすい場所のためつけ過ぎには気をつけよう!1プッシュを目安に教室や満員電車などの密閉された空間では避けた方が無難。

手首

よく動かす場所としておすすめな手首だ!よくある質問で擦るのはなんでNGなのか?という答えだけど擦るとトップノートが潰れて最初の香りが楽しめないからと言われている。3段階で香りが変化していく香水を作った側としてはやめてほしいよね…といった具合だ。肌に乗せたら優しくトントンすればOK!ふんわりと香ってくれるよ。

さりげなく全身から香らせたい時におすすめの場所だ!腰骨の両サイドにワンプッシュずつ付けるイメージ。ほんのりと香ってくれるから食事、学校、仕事の際におすすめの場所だ。

香りをより漂わせたい時におすすめの場所だ!胸の谷間は体温が高めになっているため香りやすい。服の中から香りが溢れるためとってもセクシーでデートの際におすすめのだよ♪ただし、香りは下から上に上がってくる性質があるから自分が酔わないように気をつけてね。

内もも

ももの内側は体温が高く、よく動かすので相手に微妙に香りが伝わるか伝わらないかのギリギリを演出したい方におすすめ!ただし、デリケートな場所だから肌トラブル起こしてしまう人もいるので気をつけよう!

足首

周りに迷惑かけたくないなぁと思う方におすすめの場所!日本向けの香水は海外のものに比べて香りが抑えめなものが多いからぶっちゃけそこまで香らないよ。濃いめの香水を付ける時に活躍する場所なので、香りの主張が強いものの時に付けよう!

香水の付け方② やってはいけないNG集

次にここは避けた方がいい場所を知っておこう。ここに付けると臭いとと思われてしまうかも…前提として香りは匂いを抑えるためのものではないと覚えておこう!クリアな状態にいい香りをプラスするというイメージ。

ポイント:香水は臭いを抑えるためのものではない

足の裏

シンプルに足の臭いと香水がフュージョンした時のイメージしてみてほしい。サイヤ人を凌駕する悪臭が誕生するだろう。臭い場所には避けるのが無難だ。

ワキ

汗をかきやすい場所でありワキガが存在するように好ましくない香りが出やすい場所なので避けよう…

香水の付け方③ シーン毎の使い分け方法

実際にそれぞれの使い方を知ろう!協調性と個性のバランスをとって香水を使うのがおすすめ。自分よがりにならずに相手のことにも目を向けてみると”いい匂い”への近道になるよ!

デートの巻

  • 付ける位置:手首、首筋、胸
  • プッシュ数:合計5回まで
  • 香りの種類:相手と自分の好み、フゼア、シプレ、フローラル、フルーティー、ムスク、ウッディ、オリエンタル

仕事の巻

  • 付ける位置:手首、腰
  • プッシュ数:合計3回まで
  • 香りの種類:シトラス、フルーティー、ライトフローラル、ムスク

学校の巻

  • 付ける位置:手首、腰
  • プッシュ数:合計3回まで
  • 香りの種類:シトラス、フルーティー、ライトフローラル、ムスク

食事の巻

  • 付ける位置:腰
  • プッシュ数:合計2回まで
  • 香りの種類:シトラス、フルーティー、ライトフローラル、ムスク

スポーツ・アウトドアの巻

  • 付ける位置:腰、手首
  • プッシュ数:合計3回まで
  • 香りの種類:シトラス、フルーティー、ライトフローラル、グリーン、ムスク

結婚式の巻

  • 付ける位置:手首、首筋、胸
  • プッシュ数:合計5回まで
  • 香りの種類:メインよりも目立たな香り、フゼア、シプレ、パウダリー、シトラス、フルーティー、フローラル、グリーン、ムスク、ウッディ

お葬式の巻

  • つけない

お家の巻

  • 付ける位置:お好みで
  • プッシュ数:お好みで
  • 香りの種類:自分の目的に合わせて

寝る前の巻

  • 付ける位置:お好みで
  • プッシュ数:お好みで
  • 香りの種類:シトラス、アロマティック、フルーティー、フローラル、ムスク、ウッディ

法律もないので正直、付け方は自由。しかし社会で生きてく上では周囲にも気を配りながら香りを楽しむことが重要です。自分の好きと相手の好きを知ることでいい匂いと思われ。周りの人を幸せな気分にすることができる魅力的な存在となれるでしょう。自分も相手も大事にできる方が香水を使い、幸せな人が増える日を楽しみにしています。

 

関連記事

  1. 香水の持続時間と種類について

  2. 【香水の基礎知識まとめ】準備、付け方、持続時間など

  3. 臭い匂いとはおさらば!臭いと思われる原因と解決方法について

  4. 【失敗しない香水知識】モテる香りがわかる。「日本人が好きな香り、苦手な香り」

  5. 香水のノートについて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。