香水の付け方|夏

夏での香水の付け方をまとめた記事です。夏でどのように使えばいいのか?どんな香りを選べばいいのか?このような悩みが解決する記事となっています。

解決する悩み
  • 夏での香水の付け方が理解できる
  • 夏に似合う香水を見つけることができる

夏に相性がいいおすすめを紹介しますのでヒントまた楽しみ方の1つとして参考になれば幸いです。

季節ごとにまとめた記事を作成したのでこちらも参考までにどうぞ!

香水の付け方|春夏秋冬ごとに完全解説

季節ごとで香水をつける時のポイント

季節ごとで香水をつける際に押さえておくべきポイントを紹介します。

湿度が高く気温が高い時は相手に香りが伝わりやすいので控えめにつける爽やかな香りを選ぶこの2点を押さえておけばOKです。

つまり6~8月あたりは気をつける時だと頭の片隅にでも置いておきましょう。

POINT
  • 注意すべきは6~8月
  • 控えめにつけ、爽やかな香りを選ぶ
  • 秋冬はそこまで気にせずOK
  • 湿度・気温が関係している

夏での付け方|注意点

夏は気温、湿度ともに高くなり一番、気をつけなければならない時期です。とにかく爽やかな香水を選べばリスクは大幅に下げられます。

相手にニオイが伝わりやすいということを頭にねじ込んでください。臭いと言われ失敗したという声が一番多い時期になります。この記事の中で一番大事な部分です。

POINT
  • 避けるとリスク回避 ↓
  • ウッディ、フゼア、シプレ、グルマン、スパイシー、オリエンタル

夏おすすめ|付け方

基本的には上記の3箇所でOKです。

湿度が高くジメジメしていたら腰、手首だけにつけるなど工夫しましょう。

条件
  • 夜|気温が落ち着き涼しい時
  • 海|開放的だからOK
  • 涼しい場所|涼しくジメジメしていない時

デートなどアピールしたい場合は胸につけると魅力的です。

※香りで酔ってしまう方は避けてください。

夏おすすめ|香水

出典:celes

Apothia – IF(アポーシア – イフ)

(5)

癖がなく、さわやかでありながらセクシー。他にない香りで「さりげなさ」が魅力的な香水。洗練されたラグジュアリー感をお楽しみいただけます。

夏おすすめ|香り

灼熱のような太陽サンサンなこの時期は軽めで爽やかな香り。涼しげな雰囲気にピッタリです。

夏おすすめ|タイプ

EDT、EDCが無難に使いやすくおすすめです。

EDP(オーデパルファン)は香りの主張がそこまで強くないものを選びましょう。

まとめ

夏は気温、湿度ともに高くなり一番、気をつけなければならない時期です。とにかく爽やかな香水を選べばリスクは大幅に下げられます。

相手にニオイが伝わりやすいということを頭にねじ込んでください。臭いと言われ失敗したという声が一番多い時期になります。大事なので2回言います、記事の中で一番大事な部分です。

POINT
  • 夏は爽やかな香りを選ぶと無難
  • 相手にニオイが伝わりやすいので注意する
  • 避けるとリスク回避 ↓
  • ウッディ、フゼア、シプレ、グルマン、スパイシー、オリエンタル

最後まで見ていただきありがとうございました!!

「いいニオイ!」このような言葉を最後まで見ていただいた方が、周囲の方から頂戴できる

その時を楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。