香水の付け方|冬

冬での香水の付け方をまとめた記事です。冬でどのように使えばいいのか?どんな香りを選べばいいのか?このような悩みが解決する記事となっています。

解決する悩み
  • 冬での香水の付け方が理解できる
  • 不安が軽減する

冬に相性がいいおすすめを紹介しますのでヒントまた楽しみ方の1つとして参考になれば幸いです。

季節ごとにまとめた記事を作成したのでこちらも参考までにどうぞ!

香水の付け方|春夏秋冬ごとに完全解説

春夏秋冬ごとの付け方

季節ごとで香水をつける際に押さえておくべきポイントを紹介します。

湿度が高く気温が高い時は相手に香りが伝わりやすいので控えめにつける爽やかな香りを選ぶこの2点を押さえておけばOKです。

つまり6~8月あたりは気をつける時だと頭の片隅にでも置いておきましょう。

POINT
  • 注意すべきは6~8月
  • 控えめにつけ、爽やかな香りを選ぶ
  • 秋冬はそこまで気にせずOK
  • 湿度・気温が関係している

冬で香水をつける時の注意点

空気は乾燥し、気温もかなり低いためより幅広く香水を使うことができる時期です。

温かみのあるウッディスパイシーオリエンタルグルマン系がとても似合う季節です。

ただし、暖房がガンガンで空気がこもっている場面に立ち会う時には気をつけましょう。そういった場面に行くときは「つけない」という選択肢も頭の片隅に置いておいてください。

「目配り、気配り、心配り」を心掛けましょう。

POINT
  • 暖房で空気がこもっているときは気をつける
  • 「つけない」という選択肢
  • 「目配り、気配り、心配り」を忘れずに

冬おすすめ|付け方

基本的には上記の3箇所でOKです。

物足りなさを感じたら、反対側の手首に1プッシュ加えてみましょう。

デートなどアピールしたい場合は胸につけると魅力的です。

※香りで酔ってしまう方は避けてください。

冬おすすめ|香水

出典:celes

Tom Ford – Oud Wood(トムフォード – ウードウッド)

(5)

簡単に言うと上品なお香の香りです。程よい爽やかさがあり、何度も嗅ぎたくなるような神秘的な魅了があります。肌からほんのりと甘い香りが立ち昇り、ハマった相手を虜にする究極の沼香水です。

冬おすすめ|香り

寒いの季節にはウッディ、オリエンタル、スパイシーなど温かみのある香りが冬のイメージにピッタリです。

冬おすすめ|タイプ

基本的にはなんでもOKです。

P(パルファン)は香りの主張がかなり強めなので注意しましょう。

まとめ

温かみのあるウッディスパイシーオリエンタルグルマン系がとても似合う季節です。

ただし、暖房がガンガンで空気がこもっている場面に立ち会う時には気をつけましょう。そういった場面に行くときは「つけない」という選択肢も頭の片隅に置いておいてください。

「目配り、気配り、心配り」を心掛けましょう。

POINT
  • 温かみのある香りが合う
  • 暖房で空気がこもっているときは気をつける
  • 「つけない」という選択肢
  • 「目配り、気配り、心配り」を忘れずに

最後まで見ていただきありがとうございました!!

「いいニオイ!」このような言葉を最後まで見ていただいた方が、周囲の方から頂戴できる

その時を楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。