「学校」で失敗しない香水の付け方

ここでは学校での香水の付け方を紹介します。

場面によって香水の付け方を変えればその場面に合った香らせ方ができ、より輝くことができます。

香水をつける量

1箇所あたり1プッシュにしましょう。

たくさんつけるのはNGです。

※ルールを守った中で香りを楽しんでください

香水をつけるポイント

学校でつける時は2箇所をオススメします。

  • 腰の両サイド
  • くるぶし

周りの人を不快な気分にさせないことを心掛けましょう。

オススメの種類

この種類をオススメします。

  • EDT(オーデトワレ)
  • EDC(オーデコロン)
  • ボディミスト

この3つの特徴は香りの主張が弱いところです。

主張が弱めの香りで害にならないようにしましょう。

まとめ

今回の内容は4つの項目を理解していただけると思います。

  • 1箇所あたり1プッシュ 
  • つける場所は2箇所 腰/くるぶし
  • 控えめに香る EDT/EDC/ボディミスト

香水はあくまで手段です。目的を達成するために達成率を高めてくれる魔法のアイテムです。

使い方を間違えると劇薬となり反対効果になります。

 

使い方であなたがどういう人なのかわかります。

魔法にするのか、劇薬にするのかはあなた次第です。

 

ぜひ魔法にしてほしいと心から願っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大人の爽やかさが出る香水

  2. 【2021年版】メンズ香水人気ランキング

  3. 【おすすめ】5000円以内で買える石鹸系のメンズ香水3選

  4. クロエ香水に似ているプチプラアイテム

  5. 【大学生向け】レディース香水ランキング 合わせておすすめのブランドも紹介します

  6. 仕事でも使えそうな香水3選【レディース】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。