香水の付け方「オフィス編」

ここではオフィスでの香水の付け方を紹介します。

場面によって香水の付け方を変えればその場面に合った香らせ方ができ、より輝くことができます。

香水をつける量

1箇所あたり1プッシュにしましょう。

たくさんつけるのはNGです。

香水をつけるポイント

オフィスでつける時は3箇所をオススメします。

  • 腰の両サイド
  • くるぶし
  • 内腿

室内での作業が多いと思いますので、周りの人を不快にさせないことを意識しましょう。

オススメの種類

この2種類をオススメします。

  • EDT(オーデトワレ)
  • EDC(オーデコロン)

この2つの特徴は香りの主張が弱いものが多い

程よく主張させやすいので比較的に使いやすいと思います。

まとめ

今回の内容は3つの項目を理解していただけると思います。

  • 1箇所あたり1プッシュ
  • つける場所は3箇所 腰/くるぶし/内腿
  • 香りの主張が弱いものを選ぶと無難 EDT/EDC

基本的に仕事をしているので集中力を削ぐようなことはNGです。

周りに不快な思いをさせないことを意識していれば必然的に、ほのかに香らせることができ

結果的には自分が輝くと思います

相手への思いやりを忘れずに。

  • コメント: 1

関連記事

  1. Shiro香水は結局どれがいいの?

  2. 海外の石鹸のような香りがする香水

  3. 香水の付け方「秋」

  4. 失敗しない「香水の付け方」5つのポイント徹底解説!

  5. 男性が好きな香水【女性につけて欲しい香り】

  6. 香水の付け方「春」

  1. I’m not sure exactly why but this blog is loading extremely slow for me.
    Is anyone else having this issue or is it a issue on my end?
    I’ll check back later and see if the problem still exists.

  1. この記事へのトラックバックはありません。