香水

香水の付け方「デート編」

ここではデートでの香水の付け方を紹介します。

場面によって香水の付け方を変えればその場面に合った香らせ方ができ、より輝くことができます。

香水をつける量

1箇所あたり1プッシュにしましょう。

たくさんつけるのはNGです。

香水をつけるポイント

デートでつける時は3箇所をオススメします。

  • 腰の両サイド
  • 手首

パートナーのことを第一に考えましょう

手首につけてからトントンして首元にもトントンすると程よく香ります。

意外と香っているのでつけすぎ要注意です。

 

つける量はパートナーの好みによって変えると仲が深まります。

「香り強すぎない?」「気持ち悪くならない?」

などと聞いてみましょう。

 

相手の体調がすぐれない時は少しの香りでも「気持ち悪い」となってしまうケースが多いです。

これは僕の反省点でもありますが、相手の状況を考えられず「気持ち悪い」

と言われてしまいました。笑

 

相手のことを考えると「香らせ上手」「気遣いできる人」

こう思われと思います。香水をつけないことも選択肢に残しておいてください。

目的は「パートナーと素敵な時間を過ごすこと」これをお忘れなく。

オススメの種類

この2種類をオススメします。

  • EDP(オーデパルファン)
  • EDT(オーデトワレ)

この2つの特徴は持続性が長く、華やかな香りが多い

適切な量をつけて、華やかに彩りましょう。

まとめ

今回の内容は4つの項目を理解していただけると思います。

  • 1箇所あたり1プッシュ
  • つける場所は3箇所 腰/手首/胸
  • 目的に合ったつけ方をする
  • 適切な量で華やかに彩る EDP/EDT

香水はあくまで手段です。目的を達成するために達成率を高めてくれる魔法のアイテムです。

使い方を間違えると劇薬となり反対効果になります。

 

使い方であなたがどういう人なのかわかります。

魔法にするのか、劇薬にするのかはあなた次第です。

 

ぜひ魔法にしてほしいと心から願っています。

ABOUT ME
kenty
サイトの運営者。