【香水の種類】ブランドやタイプ一覧を参考に持続時間など解説

今回は香水に触れた時に出てくる専門用語の訳わからない言葉を簡潔に解説します。長持ちする香水が欲しい!どんなシーンで使えば良いのかわからない。こんな方に悩みを解決する記事となっております。

香水の種類① 賦香率(ふこうりつ)持続時間に関係あり

香水は主に、香料とアルコールと蒸留水で作られています。その中に含まれる香料の割合を賦香率(ふこうりつ)と言う。賦香率が高いと香りが長持ち、低いと短くなるのが特徴です。賦香率で分けて4種類に分けられます。

パルファン Parfum Extrait (P)

  • 持続時間:5~7時間
  • 特徴:高級感があり深みがあり、持続時間が長いのが特徴でフォーマルな時に活躍します。
  • シーン:パーティーなど

オードパルファン Eau de Parfum (EDP)

  • 持続時間:5時間ほど
  • 特徴:パルファンとオードトワレの中間。オードトワレに近い軽やかさでありながら持続力があります。
  • シーン:デート、パーティーなど
  • 参考:Dior(ディオール)

オードトワレ Eau de Toilette (EDT)

  • 持続時間:3~4時間
  • 特徴:カジュアルな感覚で使いやすい。
  • シーン:デート、仕事、学校、リラックスなど
  • 参考:Chloe(クロエ)

オーデコロン Eau de Cologne (EDC)

  • 持続時間:1~2時間
  • 特徴:オードトワレよりも更にカジュアルな感覚で使える。お風呂上がりや寝香水として使う人も多い。
  • シーン:仕事、学校、リラックス
  • 参考:Jo Malone(ジョーマローン)

香水の種類② 香りのピラミッド

香水は0~100ほどの香料を混ぜ合わせて作り、肌につけた時に揮発度の高いものから低いものへと順に香り立って変化していく特性があります。
この変化は大きくトップノート、ミドルノート、ベースノートの3段階に分けられます。

トップノート(ヘッドノート)

香りを嗅いだ時に感じる最初の印象。つけてから5~10分位に香る部分。レモン、ベルガモットなどが主に香ります。

ミドルノート(ハートノート)

骨格となる部分。つけてから30分~2時間位に香る部分。配合されている全ての香料がバランスよく香る部分です。

ベースノート(ラストノート)

香りをつけてから2時間以降、香りが消えるまでの残り香で、自身の肌の上でその人独自の香りとなる。持続性の高いムスク、アンバー、パチュリ、サンダルウッドなどが感じられる。

香水の種類③ 香水のタイプ

ここでは香水のタイプを解説していきます。香水のタイプと言っても女性と男性向けでそれぞれタイプが分かれていることが多いので、よく「レディース」「メンズ」と記載されてるのを目にする機会があると思うので性別ごとに分けて紹介していきます。

香りのタイプ : レディースとして多いタイプ

  • シトラス:レモンなどの爽やかな柑橘系の香り
  • フローラル:花をイメージできる優雅な香り
  • フルーティー:リンゴや梨、桃などフルーツを思わせる香り
  • オリエンタル:海外のような香りと多くの人が思う、濃厚でセクシーな香り
  • シプレ:柑橘系にオークモス(苔)、ウッディ香料などがブレンドされた神秘的な香り

香りのタイプ : メンズとして多いタイプ

  • シトラス:レモンなどの爽やかな柑橘系の香り
  • フゼア:男らしい香り
  • オリエンタル:海外のような香りと多くの人が思う、濃厚でセクシーな香り
  • シプレ:柑橘系にオークモス(苔)、ウッディ香料などがブレンドされた神秘的な香り
  • ウッディ:ヒノキなど樹木をイメージできる香り

その他のタイプ

香りのタイプ名 特徴
グリーン 刈り取った草や葉、茎の青々さを思わせる躍動的な香り。
フルーティー リンゴや梨、桃などのジューシーなフルーツを思わせる香り。
アクアティック みずみずしい、または、湿り気を感じさせる香り。マリンともいう。
パウダリック 柔らかく、白粉のような化粧品らしい粉っぽさを感じさせる香り。
スパイシー ペッパー、クローブ、カルダモンなどのピリッと辛い薬味や辛味を感じる香り。
ウッディ 様々な樹木の香りが織りなす、落ち着いた温かみのある香り。

まとめ

まとめでおさらいしておきましょう。

長持ちの香水が良ければオードパルファンを選ぶと良いでしょう。シーンは下記の通りを参考にしていただければと思います。

香水の種類 特徴
パルファン(P) 5~7時間ほど持続してパーティーなどで活躍する
オードパルファン(EDP) 5時間ほど持続してデート、パーティーなどで活躍する
オードトワレ(EDT) 3~4時間ほど持続してデート、仕事、学校、リラックスなどで活躍する。
オーデコロン(EDC) 1~2時間ほど持続して仕事、学校、リラックスなどで活躍する。
  • コメント: 0

関連記事

  1. 【相手を知る】日本人が好きな香り、苦手な香りを解説し香水選びの悩みを解決します。

  2. 【香水付け方】上手にふんわり香らせる方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。