【相手を知る】日本人が苦手な香りについて解説します。

セントくん
セントくん

香水には興味があるけど失敗したくないし、臭いと思われないか不安です。

KENTY
KENTY

日本人が好きな香りと苦手な香りを理解すると不安が解決するよ!

今回は「香水には興味があるが実際選ぶとなると失敗したくない。臭いと思われないか不安だ。」

こんな方の悩みを解決する内容となっています。

この記事を読むことのメリットは以下の通りです。

今回の記事で分かること
  1. 日本人が苦手な香りを知ることができる
  2. 香水に関する不安が軽減される

日本人が苦手な香り 3つの特徴

ポイントとしては「馴染みがない」「香りが強すぎる」「嫌な思い出がある」この3点になります。

  1. 馴染みがない
  2. 香りが強すぎる
  3. 嫌な思い出がある

馴染みがない香り

  1. グルマン…甘いお菓子のような香り
  2. パウダリー…粉っぽいエレガントな香り
  3. オリエンタル…海外を感じるようなセクシーな香り
  4. スパイシー…香辛料のようなキリッとした香り
  5. フゼア…紳士的な男性をイメージさせる香り

これらの5つのグループの香りに苦手を持つ傾向があります。

もちろん素敵な香りなのですがつける季節やシーンがミスマッチで嫌な思いをしている人が多々います。言いづらいけどきついなぁと思ったりする香りはこのグループに該当していることが多いです。

ただし香水を付けるタイミングや付け方を知っていれば素敵な香りに変身してくれます。

香りが強すぎる

日本人の好きな香りで紹介した香水は比較的に使いやすく、4プッシュくらいつけてもそこまで嫌がられることはありません。

しかし、先ほど紹介した5つのタイプは持続時間が長い反面、香りがはっきりと主張が強めのものが多いです。

グルマン、パウダリー、オリエンタル、スパイシー、フゼアをつける際は気持ち少なめにつけましょう。

嫌な思い出がある

プルースト効果というもので香りを嗅いだ時に記憶や感情が思い出されることがあります。

シャンプーの香りを嗅いだ時に元カレ・元カノを思い出す。なんて経験はある方は多いと思います。それと同じで嫌な記憶も思い出すこともあります。夏場の蒸し暑い時にプンプンする臭いがする人、生乾き臭などなど。

香りは記憶とリンクしてるといことを理解しておきましょう。

日本人が苦手な香り 上手につける方法

タイミング

おすすめのタイミング
  1. 空気が乾燥して寒い時
  2. 秋、

空気が乾燥して気温が低いと、暑い時に比べて香りが伝わりづらいので、その時を狙ってみてください。

避けるべきタイミング
  1. 暑い時(特に夏など)
  2. 密閉空間(満員電車やオフィスなど)

次へ進む
  • コメント: 0

関連記事

  1. 【頭皮が臭い】その原因と対策を徹底解説!

  2. 香りが記憶・感情に繋がる仕組みについて

  3. 【相手を知る】日本人が好きな香りについて解説します。

  4. 香水の種類|”長持ち”させるために必要な知識

  5. 香水の保管方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。