【相手を知る】日本人が好きな香りについて解説します。

セントくん
セントくん

好感度が上がる香りを知りたいです!

KENTY
KENTY

日本人が好きな香りを理解すると不安が解決するよ!

今回は「香水には興味があるが実際選ぶとなると失敗したくない。臭いと思われないか不安だ。」

こんな方の悩みを解決する内容となっています。

この記事を読むことのメリットは以下の通りです。

今回の記事で分かること
  1. 日本人が好きな香りを知ることができる
  2. 香水に関する不安が軽減される

日本人が好きな香り

ポイントとしては「馴染み深い香り」「香りがさりげない」のものが好かれやすいです。

まとめると以下の2つになります。

  1. 日本人が馴染み深い香り
  2. 香りがさりげない

日本人が馴染み深い香り

  1. シトラス系…レモンなどの爽やかな印象になる柑橘の香り
  2. フルーティー系… オレンジ、ザクロ、梨などの果物のみずみずしく甘い香り
  3. フローラル系… ローズ、ラベンダー、ジャスミンなどの上品で華やかなお花の香り
  4. ウッディ系… ヒノキなど木や樹木の落ち着いた香り
  5. ムスク系… 人肌を感じるような温かみを感じる優しい香り

これらの5つのグループの香りは馴染み深く好まれやすい傾向があります。

ここから更に細分化して実際に香水を探すときに、下記の香料が使われた香水を探すと好印象になる確率が高まります。

おすすめの香料

香水を購入する際にこれらの香料をキーワードに絞り込みしてみると失敗する確率が下がります。

香りがさりげない

日本の文化に香水を日常的に使うということは残念ながらまだ浸透されていません。

香水に慣れていない方からすると、強いと感じたり人によっては不快な気分になる方もいるでしょう。

香りの主張がはっきりしすぎているものだと、集団行動の際には煙たがられるので場面によって使い分けることが大切です。


次へ進む
  • コメント: 0

関連記事

  1. 【頭皮が臭い】その原因と対策を徹底解説!

  2. 香水の保管方法

  3. 香りが記憶・感情に繋がる仕組みについて

  4. 【相手を知る】日本人が苦手な香りについて解説します。

  5. 香水の種類|”長持ち”させるために必要な知識

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。