香りが記憶・感情に繋がる仕組みについて

プルースト効果

香りが記憶を呼び起こすことです。

プルースト効果の名前の由来は、フランスの作家”マルセル・プルースト”という人です。
彼の製作した小説の中に、主人公がマドレーヌを食べてその風味で幼少期の頃を思い出すという描写があります。
この小説での言語化がきっかけとなり「プルースト効果」と言われるようになりました。

なぜ記憶や感情に繋がるのか?

嗅覚が大脳辺縁系と直接結びついているためです。

大脳辺縁系は食欲などの本能的な行動や、喜怒哀楽などの感情を司る所です。
嗅覚はこの大脳辺縁系と直接結びついており、これは五感の中で嗅覚だけが持つ特徴です。

つまり、香りは本能的な行動や感情に直接作用するとも言えます。

香りが脳に届くまでの流れ

嗅上皮
嗅細胞(嗅毛)
嗅球
大脳辺縁系

まとめ

香りが記憶を呼び出すことをプルースト効果といい、記憶や感情に繋がる大脳辺縁系と嗅覚が直接結びついているため関係する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。